ARについて

ARとは”Augmented Reality”の略で日本語では「拡張現実」と呼ばれています。現実の映像にリアルタイムでビデオや3Dなどのバーチャルな情報を重ね合わせることで、現実の世界を拡張する技術です。

幅広い利用方法

■屋内型広告
■屋外型広告
■雑誌
■ゲーム
■アパレル
■美容
■観光
■教育 など、多くの場面で利用できる

期待される効果

商品理解の促進

商品のCGを自分で動かして詳細に見ることができるので実物を見ているような擬似体験ができ、ユーザーの商品への理解が深まります。


リアルとウェブの連動

今までに見たことのないような新しい表現方法をキャンペーンなどに取りこむことで、店頭等でWebキャンペーンの告知を見たユーザーが興味を持ち、自宅などでWebサイトへアクセスする確率が高くなることが期待できます。また、ユーザー自身が映像に映りこむので、キャンペーンなどへの参加意識が高まりユーザーとのより深いエンゲージメントを結ぶことができます。


販売促進施策として

D’Fusion®は複数の対象物を認識することができるので、1枚のカードを認識した時のアクションと2枚のカードを認識した時のアクションを変えるなどゲーム性のあるシナリオを設定することができます。この機能を利用し複数購入や再購入させるなど顧客の購入意欲を高める こともできます。

オリジナルAR受注制作

クライアント様のニーズに合ったARの使用方法を提案し、オリジナルで設計、開発、運用させていただきます。

見積もりへ